転勤で引越をされる社員様へ

荷造りのポイント

荷造りをする時の注意事項やポイントをご紹介しております。 荷造りをされる前に、ぜひ一度ご覧下さい。


書籍類

書籍類

書籍は小さめのダンボールに入れて下さい。なお、詰めすぎると重くなり、底が抜けるなどの危険がありますのでご注意下さい。

衣類

衣類

衣類は大きめのダンボールに入れて下さい。ハンガーに掛かっているスーツやコート類は、当日ハンガーBOXをお持ち致しますので、掛け替えてお運び致します。着物や和服は和服専用ケースをご用意しておりますので事前にお申し付け下さい。また、プラスチックケースに入った衣類は、ダンボールに詰め替えずにそのままで結構です。

靴

購入時の箱に入れて頂ければ、当日そのままお運び致します。それ以外の場合は大きめのダンボールに入れて下さい。

冷蔵庫内の食品

冷蔵庫内の食品

冷蔵庫内の食品は基本的にお運びすることをお断りさせて頂いております。冷凍食品や保冷の必要なものは、お客様にて保冷BOXをご用意して頂くか、お引越当日までに消費をお願いしております。

植木

植木

植木の梱包は当社スタッフが行います。但し、運搬中の漏水などにより他のお荷物が濡れることがございますので、お引越前にはお水をあげないようお願いしております。

食器類

食器類

食器類は一枚ずつ緩衝材などで梱包してから、隙間ができないようダンボールに入れて下さい。隙間がある場合には新聞紙や緩衝材を詰めるとしっかりと食器を固定できます。

ケース入りの人形

ケース入りの人形

まず、人形の接続部分などの弱い場所にティッシュペーパーや柔らかい紙を巻き補強します。人形が取り出せる場合は、全体を緩衝材で包んで頂くとよいでしょう。その際に新聞紙はインクが付着する恐れがあるのでご注意下さい。更に、ケースの中に軽く丸めた緩衝材を詰めていき、人形との隙間を埋めます。最後に、ケース全体を緩衝材で巻き、ダンボールに入れます。

貴重品

ケース入りの人形

現金、有価証券、宝石貴金属、キャッシュカード、印鑑などの貴重品は、お預りすることができませんので、ダンボールに入れずにお客様自身でお持ち下さい。


こんな荷造りは危険です。

  • × ダンボールの中でカチャカチャと音がする。
  • × ダンボールにお荷物を詰めすぎて、ひとりでは持ち上げられない。
  • × ダンボールの底をガムテープで止めていない。
  • INUI-TVでも、荷造りのポイントをご紹介しております。ぜひ一度、ご覧下さい。